社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】

社会福祉士の転職なら転職サイトが必須

社会福祉士は国家資格を要する仕事なので誰にでも出来るものではありません。また、これから高齢化を迎える日本にとって無くてはならない職業でもあるため、近年注目されています。

社会福祉士として転職するなら、一人で求人を探さすより転職のプロに任せる方法が近道です。マイナビエージェントなどの転職サイトには専門のコンサルタントが在籍していますので、マンツーマンで転職活動をサポートしてくれます。

社会福祉士の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・プロの転職コンサルタントが、希望に合致する求人情報を見つけてきてくれる。
・過去の転職事例の中からトラブル事例を含め情報公開してくれるので、信頼できる。
マイページ機能が充実。見やすいレイアウトを心がけているので利用しやすいのが人気の理由。



リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・転職や就職の支援では屈指の大手、リクルートグループが運営している転職エージェント。
トップクラスの求人数を誇り、1500件以上の求人を常時用意。
・リクルートブランドのネームバリューを生かして、各種社会福祉士が就職できる職場を紹介。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・typeは、今までに数多くの就職や転職の支援をしてきた実績がある。
転職サポートでは、面談をして一緒になってサポートしてくれる所と定評。
・面接日程などはサポートがしっかりと代行してくれる。面接対策などもしっかりとアドバイス。




DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・DODAは転職や就職支援の実績の高い所が運営している転職エージェント。
全体の9割を占めるという非公開求人の中には、魅力的な案件も多数含まれている。
・転職のサポート経験豊富な転職アドバイザーがマンツーマンで支援してくれるので安心。



キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
職実績が急速に伸びているということで、注目されている転職エージェント。
・年収や待遇が上がった、転職活動をしてすぐに希望する職場が見つかったなどの声も多い。
・都心部はもちろんのこと、離島のような遠隔地の求人情報までしっかりカバー。



社会福祉士の求人事情は?

これからの日本はますます深刻な高齢化社会を迎えるといわれています。厚生労働省のシミュレーションによると、50年後の日本人の人口のうち4割程度は高齢者が占めるのではないかという見通しが出ているほどです。そこで今後は、介護や福祉の世界での人材が大量に必要になってきます。このため、介護や福祉関係の資格を持っている人のニーズがますます高まるでしょう。その中の一つに、社会福祉士の資格も含まれます。社会福祉士の求人は生活指導員の他にも、介護職員としての募集が多く出ている傾向があります。 齢者と交流することで適切なアドバイスなどもできるようになります。

介護職員として仕事をする場合、利用者の身の回りの世話が主要な業務になります。必要に応じて食事や入浴、排せつなどの介助をしていきます。こうした経験を積むことは、相談員として今後活躍するためにも必要な素養といえます。利用者の身の回りの世話をしたり、コミュニケーションを取ったりすることで利用者の立場をより深く理解できます。介護や福祉の現場に出て、直接高齢者と交流することで適切なアドバイスなどもできるようになります。

介護職員と相談員の募集を比較してみると、現時点では介護職員の求人数の方が多いです。ですから社会福祉士として就職を検討しているのであれば、まずは介護職員の求人情報にターゲットを絞ってみましょう。相談員の求人も全く出ていないことはありません。たとえば、新規に設立された介護・福祉関連の施設の中には相談員を募集しているような案件も見られます。

ところで社会福祉士が就職活動をするためには、どのような方法をとるべきでしょうか?もちろん自分で求人情報誌や求人サイトを活用して、情報収集する方法もあります。しかしその他にも、いくつかの方法があります。たとえば、社会福祉協議会のような福祉関係の団体が各地域にあります。このような団体の中には社会福祉士を対象として、就職あっせんや求人情報を提供している所もあります。このような施設に行って、転職や就職の相談をしてみる方法があります。

もしくは、転職エージェントを活用する方法もあります。転職エージェントに登録すると、キャリアコンサルタントが皆さんの就職活動のサポートをしてくれます。求人情報の収集や書類作成や面接におけるアドバイス、就業のための条件交渉などを行ってくれます。面接試験を受けるくらいの手間になるので、特に現在仕事をしながら転職先を探している人にとっては、仕事との両立ができ便利です。

社会福祉士の採用基準は?

社会福祉士の求人情報を出している所もいろいろとあります。社会福祉士の採用基準として重視されるのは、やはり実務経験という所が多いです。社会福祉士は国家資格で、国家試験に合格しないと活動できません。しかし資格を取ればそこでおしまいという仕事ではありません。社会福祉士の世界は、資格を取ってからが本格的な勉強のスタートといわれています。社会福祉士がお世話をする高齢者には、いろいろな人がいます。

個性の強い人もいれば、性格に少し難のある人もいます。利用者に男性もいれば女性がいるのはもちろんですし、家族がついているケースもあります。家族がいる場合には、本人以外にも家族の意向もしっかりとヒアリングしていかなくてはなりません。このようにさまざまなタイプの人と向き合って業務をしていくので、基本的な知識があればこなせる仕事ではありません。そこで実務経験を持っている人の方が、ノウハウがあって、どのようなタイプの利用者にもそつのない対応ができると評価されます。

そこで社会福祉士の採用試験を受けるときには、自分の今までの経験をアピールするように心がけましょう。今までどのような実績があるのかをアピールします。この時客観的に、「今まで何年間くらいの実務経験があって、何人くらいの高齢者の対応をしてきたか」といった数値を持ってアピールした方が、面接官にも届きやすいです。対応の難しかった利用者も中にはいるでしょうから、面接の中ではそのような利用者のエピソードを語ってみるのもいいでしょう。その時どのように対応をして、どのようなことを学んだかも付け加えると相手もあなたに関心を持ってくれるのではありませんか?

中には社会福祉士の資格を取得して、これから初めて就職する人もいるでしょう。その場合には、実務経験がありません。しかし実務経験がなくてももちろん雇ってくれる所もあります。20代のような若い人であれば、将来性を見込んで採用してくれる可能性もあります。しかし、もしほかに実務経験のある応募者がいれば、不利になってしまうかもしれません。その場合には、将来自分がどのような社会福祉士になりたいのかをアピールしてみましょう。採用基準として、仕事に対する熱意も重要なポイントに含まれます。未経験者やまだ社会福祉士としてのキャリアが少なく、これという実務経験のアピールポイントのない人もこれからどうなっていきたいかに重点を置いてアピールしていきましょう。


Copyright (C) 2014-2018 社会福祉士求人ナビ【※好待遇求人がココに!】 All Rights Reserved.